HISTORY of MAX PITTION
  • 写真 写真2
  • MAX PITTION(マックス・ピッツィヨン)は、1921年3月1日にフランスアルプスの南ジュラにある小さな町オヨナで生まれた。この地域は主として櫛の生産で有名なところであった。初期の櫛は木で作られていたが、後に牛の角が使われるようになった。1920代に新しい材料が現れた。それはプラスチックの種類であるセルロイドである。製品は材料の厚板をパンチングして作られ、手で仕上げていた。

    マックスの父であるエミール・ピッツィヨンは1920年代に櫛の製造を始めた。その後1940年代には家内工場であるピッツィヨン・ルネッテリア(ピッツィヨン眼鏡)でセルロイド眼鏡の限定生産をしていた。

    第二次世界大戦後の1945年、マックスは実家の眼鏡工場で働くようになり、その後これを継ぐことになる。それから年月が経ち、マックスはビジネスを拡大して、ランバンやアザロといった高級ブランドのライセンスのもと、自分が作った眼鏡を売った。これは当時の一般的なやり方で、オヨナにある多くの眼鏡工場が行っていたやり方だった。

    1950年代からアメリカへの輸出が増大した。ピッツィヨン・ルネッテリア(ピッツィヨン眼鏡)の黄金期は、工場が200人以上の従業員を抱えるようなった60~70年代である。マックスは眼鏡製造組合である「Chamber Syndicale de la Lunetterie(眼鏡組合協議会)」の会長になり、続いて1967には「シルモ・パリ国際眼鏡見本市(SILMO)」の創設メンバーの一人となった。この見本市は毎年オヨナで開催されてきたが、その後パリに移り世界最大で最も有名なアイウエア展示会となったのである。

    1970年代の終わり頃には日本の眼鏡製造がより積極的になり、ほとんどの客は日本国内で直接商品を買うため、オヨナの製品から離れていった。その後1977にマックスは退陣し2工場を合併してILSAを作るが、マックスの独立した性格にはこの組織のタイプは合わなかった。そして1981年、60歳の時に引退した。

    マックスは、大自然の中でスキーやハイキングなどをたしなんで隠居生活を楽しみ、2009年1月4日にオヨナにて87歳でこの世を去った。

    今年、マックス没後4年となる2013年に、マックスへの尊敬の念と追悼の意味を込めて、MAX PITTION(マックスピッツィヨン)「Born in France(フランスに生まれて)」ブランドを、我々はここに再スタートさせる。我々は一つのチームとして、マックス自身が誇りを持って売るであろう眼鏡を、再創作、再デザイン、再製造するため、懸命に最大の努力をしてきた。

    マックスに捧ぐ。

    フランスで生まれたMAX PITTION(マックスピッツィヨン)は、この9月に最高の品揃えで世界へ船出する。LIGHT Co. Ltd.の「Independent Rebel Spirit」で創作されて販売されるMAX PITTIONは、マックス自身が最初に創ったユニークなデザインラインと素晴らしさを高度に再現して作られた、一つのアイウエアブランドとして生き続けるのである。

    象徴的な「Politician」は、ラウンドカットの「Shelby」と「Newell」と呼ばれるスカッシュされたボストン型に加えて、2サイズリリースされる。スタイルカラーはすべて、ブラック、べっこう、ブラックフェード、パープルフェードが用意されており、10金のリベットが付いている。フレームの形はかけごこちにあわせてデザイン調整される。